以前は風邪をひくというのはとにかく”損”という考え方をしていました。

というのも、私は治りもいつも遅いですし、症状がひどいと思考力も行動力も奪われますから、本当に時間の無駄だなと思っていたんですね。

ところが、考え方が変わったのは、風邪の熱が日々生まれるがん細胞をリセットしてくれているという説(https://matome.naver.jp/odai/2142225568205219201)を見てからでした。

あくまで説として見てくださいね。

でも、私はこれを見て風邪をひくのがただの”損”ではないかもしれないと思うよになりましたし、体を守る働きに感謝するようになりました。

少なくともその点では救われているんですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です